MENU

日曜の夜、眠れないのはあなただけじゃない!週明けをゴキゲンにする睡眠術

日曜の夕方ごろから「明日は朝から会議だな」「ああ、休日が終わっちゃうな」とか月曜日のことが頭を過ぎり、憂うつな気分になる「サザエさん症候群」。憂うつの度合いはともかく、何となく思い当たる人って多いのではないでしょうか。

 

日曜日の夜をぐっすり眠って、元気に週明けを迎える方法をご紹介しましょう。

 

▼楽しく書き出していくだけで心のモヤモヤがスッキリ解消!

▼自然に眠れる気分になれるワクワク108ワークシートをプレゼント!

こちらからLINEでお友だち追加してください。

友だち追加

 

 

実は、日本だけじゃない、日曜不眠

 

眠れない日曜の夜を過ごしている人が少なくないのは万国共通で、2010年頃からこうした「日曜不眠(Sunday Night Insomnia,Sunday-Somnia)」が話題になっています。英米で行われたオンライン調査では、労働者の75%が日曜日の夜の何らかの不安感を経験しており、47%は日曜の夜の気分を「最悪」と回答しています。恐怖や不安をまったく感じない人はわずか22%でした。

 

2017年の調査では、23%が夜の眠りづらさを訴えた日曜日が1週間のうちでもっとも眠りづらい曜日となりました。ワースト2位の月曜日ですら眠りづらいと答えた人は8%。月曜日と比べたら、日曜日は実に3倍もの眠りにくい曜日というわけです。逆にいちばん眠りやすいのは木曜日で、眠りづらいと答えた人は2%でした。

 

睡眠時間が少なくなるにつれ、不安感が高まり、不安が募るほど、不眠がちになる傾向があります。週明け最初の朝を睡眠が不足で迎えると、そのあとの1週間に抱える不安感を強めてしまうことになります。日曜不眠の人たちは、睡眠不足、あるいは眠れずに、ただでさえストレスの高い月曜日を迎え、精神疲労を募らせていくリスクが高いのです。

 

なぜ、日曜日の夜は眠れないの?

 

「週明けが憂うつだから」に加えて、週末に普段の睡眠習慣が大きく変化することが挙げられています。
金曜・土曜は深夜まで楽しみ、週末の朝はゆっくり朝寝。これで平日の睡眠習慣が破壊されて体内時計が狂ってしまうといいます。だから、平日のようには眠れないのはもちろん、せっかく早く入眠してもいつまでも寝付けないまま、布団の中で悶々とする。そのうち週明けにしなければならないアレコレを数えたり、気になりだしたりして、ますます脳は覚醒。睡眠で脳を休めるどころか、オーバードライブしてしまうのです。

 

週末はレジャーやイベントなど、普段と違った行動が多いため、肉体的にも精神的にもいつもと違う疲労をためてしまいがちです。そういった非日常的なイベントを自覚的に行っている場合、自然と日曜日の夜は「今日は湯舟に長く漬かろうかな」とか「消化のよい軽めの夕食にしようかな」という考えも浮かぶもの。ですが、無自覚な場合、つい、過剰ながんばりで体調不良を起こしてしまい、それが不眠につながることもあります。たとえば、普段行けないジムに週末に行って、「あれ、こんなのらくらく、まだできるぞ~!」と飛ばしすぎたそのツケが日曜日の夜、訪れて、うんうんうなされる結果にということも。

 

また、もう一つの原因として、睡眠を妨げる原因として金曜・土曜の多量飲酒もあげられています。

ふだんの睡眠・覚醒のリズムを週末に完全に破壊してしまわないことが、日曜不眠を予防して、次の週を充実して過ごす鍵なのです。

 

日曜日に安眠するためにできる9つのこと

 

昔から言われるように、物理的に頭は冷やして足は湯たんぽなどで温める寝るときは「頭寒足熱」の環境、これが基本。そのほかにも、日曜日に安眠を得るためにできることはまだあります。

 

1. 金曜日に多少残業しても今週の仕事を終わらせる

日曜日の気がかりをなくしておくことが、日曜不眠と不安を予防します。何より気分よく週末を過ごせますし!

 

2. 金曜・土曜日はおいしくお酒を楽しむ

(気持ちはわかりますが)飲み過ぎ、深酒はしないこと。多量のアルコールは睡眠を阻害しますし、遅い時間までの飲酒は睡眠のサイクルを破壊します。

 

3. 週末は朝寝より午後の早い時間のお昼寝を

朝寝、気持ちいいですよね。だけど、長時間のマラソン睡眠(寝だめ)は結局、適度な活動による健康的な疲労感を得られず、睡眠サイクルを乱すだけです。休養なら、午後の早めの時間のお昼寝をお薦めします。ただし、午後遅い時間になると夜、寝付きにくくなります。

 

4. 仕事の準備は必要なら日曜日の午後までに済ませる

どうしても気になるなら、スケジュールチェックとか資料の準備とか日曜日の午後早い時間のうちに済ませましょう。

 

5. 日曜日の夜は眠る2時間前からデジタル機器を使わない

ブルーライトは睡眠を妨げます。普段の日も同じですが、少なくとも日曜日は入眠前のインターネットやゲームは睡眠のために控えましょう。

 

6. 日曜日の夜は眠くなってから布団に入る

早寝しようと思う気持ちはわかりますが、早く床に就いても眠れません。眠くなってからでOK。それまでは長い入浴や好きな音楽、読書などで自分を楽しませてあげてください。

 

7. 仕事のメールチェックは月曜日の朝まで待つ

読んだら絶対返信したくなるし、返信しないと気になってしまいます。どうしても、メール/SNSチェックするなら日曜日午前中まで。布団に入ってからは絶対にダメです。

 

8. 視床下部を癒す頭部のマッサージ

頭部の緊張があると深い眠りにつけません。デスクワークで眼精疲労が続いている人は、しっかりほぐされてリラックスした状態・その感覚を知っておくことが大切。ただのヘッドマッサージではなく、ストレスや負荷がかかっている頭と首の境やあごまでケアを。

 

9. 心理カウンセリングで不安を解決

もしも、日曜の夜の不安感が、仕事のパフォーマンスや人生を楽しむことに悪影響を与え続けているのであれば、心理カウンセリングも一つの手段になります。眠れない日曜日にサヨナラして、日曜の夜を安らかに、次の週を明るく元気に過ごしましょう!

初めてのご利用は5000円でトライアルカウンセリング 電話・ビデオ会議(Zoom)で行う遠隔カウンセリングもお選びいただけます。お気軽にお問い合わせください。

 

まとめ

 

金曜日の夜からハメをはずすのはある程度しかたがありません。ただし、残念ながら体内時計は自動巻きではないということを覚えておきましょう。戻すには、ちょっとした工夫が必要ですし、調整には時間もかかります。日曜日の夜を憂うつな気分で過ごさず、安眠を得るには、遅くとも日曜日の午後の早い時間からの調整してみましょう。大丈夫、これで月曜日の朝、スッキリ目覚められます。

 

▼おすすめ記事⇒ 潜在意識に働く音で眠りへと誘う音浴

 

 

 

 

 


人気記事

クリックで問い合わせ

メニュー

会社情報

電話番号

所在地

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内7階

JR根岸線/関内駅から徒歩2分
市営地下鉄ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から徒歩3分
駐車場なし
(隣のビルがTimesの駐車場です)


© 2020 神奈川県横浜市 NPO法人 リアルトレジャー All rights reserved.