MENU

妻のDVの真相:誰もが驚く支配と虐待の理屈

DV相談窓口を紹介した前回の記事で書いたとおり、DV全体の被害者の1/4は男性、夫です。現在、警察庁が相談を受けたDV事件年間8万件強のうち、約2万件では男性が被害を受けているということです。これは決して少ない数ではありません。

 

ここでは、どんな妻が、どんなDVを行うのか、また、DVに走る妻の理屈についてみていきます。

 

リアルトレジャーLINEオフィシャルアカウントでご相談受付中
linesp.jpg「登録」→チャットで相談をお送りください

 

DVの形態:5つのタイプ

「これは妻のDV?」と迷うとき

 DVの形態は大きく分けて、①身体的DV②精神的DV③経済的DV④社会的DV⑤性的DVの5つタイプがあります。それが「イジワル」や「悪ふざけ」や「ケンカ」なのか、「DV」なのか、当事者の判断は揺らぎがちになります。さらに被害者が男性の場合、「妻の小さなワガママさえ受け入れられない器の小さい男だ」などと批判されかねないジェンダー・バイアスから、妻のDVは夫のDVと異なり、発覚しにくいことが多いのです。

 

1. 身体的DV(身体的暴力)

妻による身体的暴力は、想像以上に多発しています。2021年3月、娘への虐待容疑で逮捕された元関脇の妻による夫へのDVが報じられ、4月には釧路市で夫への暴力をくり返していた30代のDV妻が逮捕されました。

また、女性は物を投げつける、物で叩くなど、武器や道具を使うこともあります。いずれにせよ、相手より優位な立場であることを身体性によって表現することが目的です。次のように、DV夫とは異なる形で行われることもあります。

 

・眠らせない(暴言や詰問を続けるなどで)
・ケガや病気のとき病院へ行かせない
・看病をしない
・高いところから突き落とす、あるいは突き落とすふりをする
・自動車の運転中に大声でどなったり脅す
・飲酒や食べたくない食事を強要する
・熱湯や冷水を浴びせる
・浴室やトイレの使用制限
・睡眠中の攻撃(首を絞める、息を止めるなど)

 

家庭はくつろげない場所となり、自分の居場所を失います。いつ始まるかもしれない攻撃に怯え、戦々恐々と送る毎日になります。

 

2. 精神的DV(心理的攻撃)

言葉や行動によって、精神的に追い詰めたり、ダメージを負わせるDVです。威嚇する(大声で怒鳴るなど)、脅かす、見下す、無視する、相手が嫌がること・悲しむことをわざと行うなど、パワハラやモラハラも含まれます。

 

・家事や育児が下手だと執拗に責め、自分のやり方を強要する
・家族・親族間で仲間はずれにする
・大切にしているものを捨てる・壊す・売り払う
・記念日プレゼントやイベントへの暴言や破壊
・自傷行為を見せつけたり、「死んでやる」と脅す
・「ハゲ」「臭い」「甲斐性なし」「役立たず」などとなじる
・育成歴や実家、職業や勤務先、交友関係を見下し、貶す
・子どもに悪口を吹き込む、子どもに悪口を言わせる

 

精神的なダメージは人を無力化します。思考停止に陥ったり、生きる活力や希望を失って自暴自棄になる人も少なくありません。

 

3. 経済的DV(経済的圧迫)

単に金銭感覚や生活費の負担の問題ではなく、経済的に余裕があってもパートナーの経済性を損なわせる行為はDVと考えられます。

 

・家計を明らかにしない
・婚前からの財産や預貯金を提供させようとする
・現金やクレジットカードを取り上げる
・仕事や営業を妨害する
・住宅や車など相談なく大きな買い物をする
・借りたお金を返さない、借金を負わせる
・隠れて財産を持ち出す

 

不利益を被らせて辱めることで、相手の自由や可能性を奪って縛りつけ、搾取します。やがてマインドコントロールされた夫は「自分は妻に服従しなければならない」と、信じるようになります。

 

4. 社会的DV(行動の制限)

パートナーの親族や友人、仕事や趣味の仲間など、人間関係を断絶させて、社会から隔離しようとすることもDVとみなされます。

 

・パートナーの社会生活を妨害する
・装うことを制限される、外出着を汚したり、破ったりする
・実家や友人との交流を断らせる
・頻繁なSNS・電話・メールで、外出や行動を監視する
・カウンセリングや相談を受けさせない
・送別会や打ち上げなど職場でのイベントに参加させない
・出張や赴任先に行かせない、断るように強要する

 

「自分のパートナー」であることだけを求め、それ以外の人間関係を認めません。被害妄想的に浮気を疑ったり、過剰な嫉妬心から「外(会社)に逃げるなんてズルい」と仕事中ですら束縛しようとします。

 

5. 性的DV(性的強要)

受け入れることを強要するのがDVであるように、受け入れないことを強要するのもDVといえるでしょう。

 

・妊娠のための性行為を強要する
・不妊治療について話し合わず「夫の役目だから」と従わせる
・性生活についての話し合いを拒否する
・一方的にセックスやスキンシップを拒絶する、あるいは過剰に求める
・セックスやスキンシップしたい気持ちを理解しない、軽蔑する
・不倫、あるいはほかの男性との性関係を認めさせようとする
・「したいなら、よそでしてきて」と言う

 

パートナーと仲良くしたい、ふれあいたいという気持ちを一方的に拒絶されれば、自分の存在意義を否定されますし、プライドは踏みにじられます。その傷は決して浅くはありません。

 

判断基準は「妻のことは好きだけど、やめてほしい」

ひとつのわかりやすい判定基準として、パートナーの言葉や行動について「パートナーのことは好きだが、やめてほしい」と感じるならば、それはDVに発展する可能性が高いでしょう。早いうちにこうした傾向が発見できれば、二人の話し合いで解決することもあります。ただし、


・身体的/精神的に治療が必要になる
・社会活動が困難になる
・家庭から逃げたいと思う

 

というレベルであれば、第三者に相談するべきでしょう。あなたのためにも、家族のためにも。

 

DVを正当化する6つの理屈

誰でも「暴力は悪いこと」と当然わかっています。DV加害者ですらわかっています。にもかかわらず、「この暴力には正当性がある」と主張し、暴力への「理解を求める」のです。

 

そんな理屈を聞いているうちに、被害者は頭がおかしくなってきます。判断力が損なわれる=マインドコントロールされてしまうのです。
この正当化のパターンはいくつかあります。ここでは、DV妻の理屈の6つのパターンを紹介します。

 

1. フィフティ・フィフティ

「アナタだってこうじゃない?」

 

暴力は、ささいなことがきっかけでエスカレートした結果であり、責任は双方にあるフィフティ・フィフティだと主張します。
「たしかにワタシはやりすぎたかもしれない、でもきっかけを作ったのはアナタでしょ、応戦したアナタも悪いでしょ」と「ケンカ両成敗」にもっていくのです。
DV妻の理屈にモヤモヤしながらも、夫は「自分が悪者になればいい」ということを学習していきます。

 

2. 甘え

「ワタシ、どうかしてたの」

 

お酒を飲みすぎて、仕事や家事・育児が忙しくて、ムシャクシャして、〇〇がショックで気が動転してといった外部要因を引き合いに出して、「いつもの自分ではなかった。どうすることもできなかった」と自己責任を回避します。
それらの外部要因さえなければ、DVは「いつでも止められるし、くり返されることはない」のだから、暴力を「問題はない」と正当化します。
DV妻だけでなく、周囲もとかく「ちょっぴり行き過ぎた妻の甘えやワガママを許す物わかりのいい夫」を求めがちで、甘えを許さないと「器の小さい男」と筋違いの非難を受けることもあります。

 

3. うちの方針

「これがうちのやり方だから」

 

よそとは違うけど、これがうちのコミュニケーション、愛情表現だと主張します。暴力は、ほかでもない愛する家族、夫、パートナーにだからこそ言える(できる)ことで、特殊な関係性だからこそ許されるべきだし、愛しているなら認めるべきだと説得します。ほとんど妻のマイルールの押しつけですが、この理屈が通らないと、婚前の言動や約束などを持ち出して「嘘つき」と非難することもあります。
うちの方針は、DV妻にとって「他人の家に口を挟むな」と外部からの批判や介入する第三者を遠ざける格好の武器にもなります。

 

4. 地雷

「ワタシが悪いっていうの!」

 

「たいへんだったら、こうしてみない?」といったごく普通の会話の端を切り取って誤解・曲解し、「何よ、ワタシのやり方がマズイっていうの!」と炎上。何かがDV妻の劣等感やフラストレーション、怒りの感情を刺激したことで逆ギレするパターンです。
「ワタシだってお金をかければそのくらいできるわ。できないのはアナタの稼ぎが少ないせいよ!」と責められることに。地雷はどこにあるかまったくわかりません。くり返されるうちに夫は緊張状態が続き、家庭でリラックスできなくなります。

 

5. 愛の鞭

「ここでワタシが正さなければ」

 

間違ったこと、失礼なことをしたのは相手であり、自分はそれを正すために指導しただけの「正しい暴力」だと主張します。自分こそが、この家を正しく治める支配者であり、暴力は、家族をまとめる、養うなど自分の役目に則った行動で規範を示した結果に過ぎないというわけです。
逆に、自分が今指導しなければ相手が恥をかく、それを未然に防いだとすら考えているでしょう。
DV妻は愛の鞭で「躾なのだから、口でわからなければ手を上げてもいい」と正当化するだけでなく、「男たるもの鉄拳制裁は当然」というジェンダー・バイアスを「男ならされて当然」と悪用もします。

 

6. お仕置き

「いつもワタシばっかり。アナタはズルいわ」

 

家事や育児のやり方、親族や友人、仕事の関係者とのつき合いなどにおいて、相手の落ち度を責め、自分への理解不足を糾弾します。いつも損をしたり、苦労するのは「ワタシばっかり」で「アナタはズルい」と非難するのです。
暴力は、そうしたお仕置きとして行われ、無視する、生活面のサポートを止める、お金を取り上げるなどの嫌がらせを正当化するだけでなく、「ワタシを困らせるアナタのせい」と責任転嫁します。交流を制限するなど社会生活の妨害に及ぶこともあります。くり返すことで、夫に対して妻への負い目や忠誠心、尽くす役割を強烈に刻み込みます。

 

DVは親しい相手に対してだけ行われる暴力

何がDVに走らせるのか

男女問わず、DV加害者の理屈は、歪められた正当性の主張です。誰もが正しくないと知っている事実を正当化するのですから、相当歪めなくてはなりません。こんな歪んだ正当性をもって何がしたいのかといえば、ひとつ考えられるのは「完全に無条件に自分のことをわかって、受け入れてもらうこと」です。DV加害者は、今までの人生でその実感を十分に得られなかったため、渇望しているのでしょう。

 

つまり「過去に、いちばんわかってほしかったとき、いちばんわかってほしかった相手」にわかってもらえなかった欠乏感を、今、いちばん近くにいる、親しい存在であるパートナーに満たしてもらいたいのです。傷つけても無条件に「許され、理解され、愛される」のは正当性があると主張して。フツーの友だちとか同僚には、そんな理不尽な要求はしません。今、いちばん親しいパートナーだからこそ、過去にいちばん愛情を求めたであろうその人物の代わりになることを望むのです。

 

「わかってもらえなかった悲しみや怒りや苦しみをわかってほしいし、恨みつらみも晴らしたい、わかってくれるなら、当然、ワタシのことを最優先に考えて、言うことも聞いて、愛情はワタシに独占させてほしい」と。ただ、そんな自覚はありません。

 

残念ながら、どんなに素晴らしいパートナーだとしても「過去に、いちばんわかってほしかったとき、いちばんわかってほしかった相手」の身代わりになど、到底なれません。DVの加害者も被害者もこのことを知る必要があります。こんな理不尽な要求が続けられていい理由はありませんから。

 

DV被害者が受けるダメージ

男女問わず、DV被害者は、マインドコントロールされ、共依存関係に陥り、なかなか被害に気づくことができません。「自分が悪いのかもしれない」という罪悪感や、結婚した以上、簡単に家庭を離れてはいけないという責任感で自縄自縛となり、その中で暴力がくり返されます。

その結果、その体験がトラウマ(心的外傷/PTSD)となります。心身の不調や症状(トラウマ反応)が生じて、ダメージが癒されるまでこれが続きます。程度の差はあれ、長く悩まされ、自力での回復は難しく、かなりの時間を要します。

関連記事→トラウマが起こす不都合な現実

 

そもそも、まったく罪のないパートナーが死ぬほどつらい思いをして、心身ともに傷つけてまで求められていいことなど何もありません。
DVは、許されない犯罪です。

 

解決のために:絶対にひとりにならないこと

 

DVは「親密な関係性」という人間関係の密室で行われ、発見されづからかったり、外部から介入しにくかったりする犯罪です。当事者同士が共依存関係になりやすく、社会から切り離されてしまうことで、深刻化します。もし、今すぐに解決への行動を起こせないとしても、孤独になってはいけません。判断に迷うなら(残念ながら、マインドコントロールされているかもしれません)、誰かとつながってください。苦しんでいるなら、誰かに打ち明けてください。相談窓口はたくさんあります

 

よいSOSとは、早い段階で出されるSOSです。

 

今の状態が「おかしい」と思ったら、ひとりで考えないで。そばに、必ず、誰かがいることを思い出してください。

 

 

リアルトレジャーLINEオフィシャルアカウントでご相談受付中
linesp.jpg「登録」→チャットで相談をお送りください

 

 

 

 

 

 


人気記事

クリックで問い合わせ

メニュー

Line

会社情報

電話番号

所在地

〒231-0063
横浜市中区花咲町1-48-3 ロゼ桜木町406号

JR京浜東北線「桜木町駅」徒歩1分
(横浜市営地下鉄の南A2口を出た目の前)
京浜急行本線「日ノ出町駅」徒歩7分
みなとみらい線「馬車道駅」徒歩7分
駐車場なし


© 2021 神奈川県横浜市 一般社団法人リアルトレジャー All rights reserved.