MENU

毒親に育てられた子どもたちの4つの苦しみ

自分の親が「毒親だ」と気づいたのに、毒親から離れようとしない子がいます。むしろ多いかもしれません。大人になって、十分、経済性も生活力を得ていてもです。

 

毒親の支配下にいるしかなかった子ども時代には、逃げたくても逃げることはできませんでした。そのとき、あまりに強く刷り込まれてしまった「離れられない」という思いが離脱や脱却を妨げるのです。

 

毒親育ちの子どもたちには、これらのようなアダルトチルドレンの傾向が見られます。

 

自尊感情が低い
幸福になってはいけないという思い込み
自信がない
強いこだわりや強迫観念
安心できる相手にほど批判的・攻撃的
常識・正義・倫理を振りかざす
本音や本心をオープンにできない
他人の目が気になる
人から認められたいが認められないと思っている
対等な人間関係が築きにくい

 

アダルトチルドレンの苦悩はさまざまですが、ことに①トラウマ反応(PTSD)②生きづらさ③いい子、正しい子、しっかりした子④自分を愛せない、の4つから抜け出せないことが、人生を困難なものにしています。

 

 

1. トラウマ反応(PTSD)

ダメージ伴う体験がくり返されたり、ダメージそのものが大きすぎた結果、身体症状を伴うフラッシュバックなどの心理反応に悩まされる人も少なくありません。自力での回復は難しく、カウンセリングやセラピー、ときには、治療が必要になるケースもあります。

 

トラウマによって起こる身体的・心理的反応について

 

多くの場合、子どもたちは毒親から受けた理不尽な経験を、理不尽であるにもかかわらず、「自分のせい」「自分が悪い」と思い込んでいます。多くの毒親は子どもたちにひどい仕打ちをするのは「お前のせい」「お前が悪い」であり、そんな「お前のためだから」と主張し続けてきました。毒親に反論することはもちろん、自分を認めることも、許すこともできません。そのため、当時の恐怖や悲しみ、傷ついた感情とトラウマ体験の記憶が甦ってくるままに、日常的に味わい続けます。

 

長い間この体験をしていると「安全だ」と思える場がなくなって落ち着くことができません。過去の体験に抗えなかった自分への無能感、無力感、「消えない傷をつけられた、汚された、汚い」といった羞恥心に苛まれ、人生に希望を抱くことができません。「消えてなくなりたい」「誰も知らないところへ行きたい」「生まれてこなければよかった」という思いを抱くのはこのためです。こんな思いから、うつ、パニック障害、摂食障害などを発症したり、ときには絶望から突発的に自己破壊的な衝動に駆られたり、実際に自傷行為に至ったりする場合もあります。

 

 

2. 生きづらさ

多くの子どもたちは、「親を許せない感情」や「十分に育ててもらえなかった不満」を持っていますが、それは深く閉じ込めて生きています。気づいていないことすらあります。潜在的な怒りや悲しみ、痛み、恐れが、本人にとって不都合な形で表現されることが多く、そのため、みんなのように自分ができないことに劣等感を抱いたり、腹立たしく感じたり、人生を諦めていたりします。

 

出来事や人物をストレートに受け止められず、「これは何かあるに違いない」と疑心暗鬼になり、喜びや楽しい、うれしいといったプラスの感情を表現することに臆病になります。それが卑屈な態度をとらせてしまったり、とっつきづらい印象を与えたりします。

 

潜在的な「許せない」感情から、他者の失敗や過ちを許すことができない狭量さが生まれることもあります。ただ、その感情を公の場で露わにすることはありません。そのため不満は昇華されることなく溜まっていくことになります。少ないのですが、親しい人たちとの間ではぽろっと出ることもあります。そんなとき、「頑固だね」「こだわりが強いね」と相手から指摘されることもあるでしょう。

 

毒親のタイプが [機能不全型] [不在型] の子どもたち

彼らにとって応援=甘えで、適切に他者に頼ったり、手伝ってもらうことができません。SOSを出したり、サポートを求めることは許されないと思い込んで、一人で抱え込んだり、暴走して事態を悪化させることがしばしばあります。自分はダメな人間なので、「他者から支援を受けるに値しない存在」だと思い込んでいるのです。近い関係にある相手には「なぜあなたはそんな甘えが許されると思うのか」と、サポートを得られなかった恨みを八つ当たりをすることもあります。頼る/頼られるといった関係性や他者の目を恐れ、人間関係では距離を置きがちです。ときには、人との交流に強い不安や恐怖を覚える社会不安や親密になることを避ける回避障害の傾向として現れることがあります。

 

→ [機能不全型] [不在型]

 

毒親のタイプが [DV型] [過干渉型] [搾取型] の子どもたち

親からの支配や洗脳された影響で、自分での意思決定ができません。大人になってからもその影響が残り、意思決定では「母(父)がこう言うから」など親や家の意向を守ろうとします。親・家を頼れないときは、常識や倫理、法律、第三者の考えに依存します。自分の意見や気持ちに希薄なので、他者に頼ったり借りた理論で武装するため、理屈っぽかったり、批判的だったりしがちです。また、借りものの理論に則って、白か黒か、ゼロか100かで結論づけたがり、自分も相手も追い込むことが多いでしょう。ユーモアや冗談を介さず笑いのツボがわからなかったり、融通が利かなかったりするため、自分でも相手からも「つきあいづらい」と感じるかもしれません。

 

→ [DV型] [過干渉型] [搾取型]

 

3. いい子、正しい子、しっかりした子

表にできない感情を抱えながら「成績がよい」「礼儀正しい」「責任感がある」「しっかりしている」など、同級生の父兄や学校の先生など周囲の大人から「いい子」と評価を受ける毒親の子どもは少なくありません。このタイプは、不平不満を言わない忍耐強さがあり、謙虚で遠慮がちです。

 

ほかの子がはしゃぐような場面でも自制心があり、他の子から「いい子ぶって」などと揶揄されても、同調しません。むしろ、同年代の子たちとつるんだり、軽口を交わすのは苦手で、交友関係は限定的です。

 

大人になってからも「いい子」の殻を破ることができず、苦悩します。「正しい自分」「デキる自分」であることが強迫観念として染みついて、自分に課し、必要以上にがんばってしまう――その傾向に自分で気づきながら、止めることができません。その結果、過重労働やワンオペ育児にハマり、健康状態を崩すまで自分を追い込んでしまうこともあります。

 

一方、他者に対して「なぜ、努力をしないのか?」「なぜ、正しくあろうとしないのか?」と批判的な目を向けることもあります。職場などオフィシャルな場で相手に伝える必要性がある場合、適切に表現することに不慣れなため、つい言葉や態度がきつく、冷たいものになりがちです。反面、相手から「ヒドイ」と言われて傷つくなど、コミュニケーションに苦手意識を持ち、「言いたいことが言えない」状況に追い込まれます。

 

毒親のタイプが [機能不全型] [DV型]の子どもたち

彼らのタイプのなかには、よい成績をとったり、親にとって自慢の子どもであることで、家庭内や両親の「不仲を解決しよう」と努力してきた子が多くみられます。搾取型の親によって分け隔てされて育てられた愛玩子にも、よい成績をとったり、自慢の子は多くみられますが、まったく異なります。愛玩子がワガママを許してもらったり、甘やかされて自分の好きなことを楽しむのと全く異なり、よい成績を獲得したり親の自慢になることは「業務やノルマ」です。親をゴキゲンにすることで両親の諍いを防ぎ、家庭内に平和をもたらすことが目的で、自己実現ではありません。しかし、愛玩子の優秀さが長続きしないことが多い一方、[機能不全型][DV型]の優秀な子どもたちは危機感や目的意識で邁進し、その道のエリートまで上り詰めることも少なくありません。元アメリカ大統領のビル・クリントンがその代表例です。

 

→ [機能不全型] [DV型]

 

4. 自分を愛せない

毒親育ちの子どもたちは一見、利他的に見られます。自分のことより、相手に尽くし、喜ばれたい、役に立ちたいと考え、行動するからです。ときには顔を合わせたこともない誰かのために苦労することすら、厭いません。しかし、そういった行動の根底には「自分を大切にできない=大切にしてはいけない」という歪んだ理念があります。

 

家族や友人、お客様など大切な人のことは、相手の好き嫌いや趣味に合うものなど熟知しており、事細かに配慮できますが、「あなたの好物は?」と尋ねられるとわからなかったりします。誰かのための食事を用意するとき、好き嫌いから栄養バランスまで気を配りますが、自分のための食事となるとおざなりでどうでもよかったりします。「あなたが喜ぶことがわたしの喜びなの」という人もいます。それは、自分を喜ばせることができないゆえの代償行為にすぎません。

 

これは無条件に愛され、守られる体験がなかった弊害ともいえます。毒親育ちの子どもたちにとって、愛情とは「親の言う通りにする」「親の機嫌を取る」ことではじめて得られるもの、そんな条件付きの愛情が当たり前だからです。そのため、人に尽くしたり、献身することは、嫌われずに済む、自分の立場を守るといった安全確保の手段に過ぎません。

 

自分にやさしくすること、自分を大事にすることは、「甘え」「わがまま」と考えます。自分のような人間にそんなことは許されないと自分を厳しく律し、ときに虐げます

 

毒親のタイプが [搾取型] の子どもたち

自己実現している人を「ああ、いいなあ」と強く羨む一方、自分はそうなりたいけど、そうなってはいけないと思い込んでしまいます。自分も思いっきりやりたいことをやってみたいと憧れるのですが、どうしたらいいのかわかりません。当たり前です。何かやりたいと思ったことをすべて取り上げられてきたのですから。取り上げられた習慣だけが身について離れません。やりたいことに出会ったとしても、それを取り上げられること、取り上げられて落胆することを怯えるあまり、最初から諦めてしまいます。たとえ親が死んで自由になったとしても、こんな観念的な思いから、自分の喜びを否定します

 

→ [搾取型]

 

毒親のタイプが [DV型] [不在型] の子どもたち

危機的な状況で守ってもらえないこと、理不尽に傷つけられることが悪い意味で「慣れっこ」になっています。「自分はこういう目に遭って当然」「自分はこういう扱いを受けべき存在」と諦めたり、信じ込んだりしています。交際相手や配偶者に加虐タイプ、モラハラタイプを選び苦労することも少なくありません。そんな状況こそ自分の居場所と勘違いして、なかなか変えよう、逃げようとできないからです。

 

→ [DV型] [不在型]

 

まとめ:毒親の支配から脱却する第一歩は「自分の人生に気づくこと」

 

今ではポピュラーな「毒親」という言葉、その名付け親はアメリカのセラピスト、スーザン・フォワードです。1989年に発表された機能不全家族についての著書「毒になる親」(日本では1999年に訳書が出版)で世に出た造語です。毒親は、けっして今、始まった問題ではないのです。

 

毒親の目的は、単に虐げることではありません。子どもの人生を支配しつづけることです。進学、就職、結婚、あるいは親の死によって別れることはありますが、毒親の支配は長く続き、負の連鎖を引き起こします。独立して、新たな家庭を築いても、知らず知らずのうちに、毒親育ちの子どもが、共依存、モラハラ、DVを起こす、あるいは自らが毒親になってしまうこともままあります。

 

毒親の支配、負の連鎖を断ち切る第一歩は、「ただちに自分の人生に気づくこと」です。あなたの人生は、親のものではなく、あなただけのものです。

 

「いま、ここ」の気づきに着目するゲシュタルト療法の父、フィリップ・パールズは「ゲシュタルトの祈り」という詩でその思想を表しています。

  


わたしはわたしのために生き、あなたはあなたのために生きる。

わたしはあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけでなく、
あなたもわたしの期待に応えるために、この世にいるわけではない。

わたしはわたし。あなたはあなた。 

偶然にも、あなたとわたしが出会えたなら、それは素晴らしいこと。
しかし、たとえ出会えなかったとしたなら、それもまた素晴らしいこと。

わたしはわたし。あなたはあなた。
あなたはあなた。わたしはわたし。

 

 

あなたは、今、それを自由に選ぶことができます。

 

もし、自分の親が「毒親だ」とせっかく気づいたなら、親の人生から離れることで、本当の自分の人生を生きることができます。しかし、毒親から離れようとしない子どもたちがいます。むしろ多いかもしれません。十分、大人になっていてもです。逃げたくても逃げられず、毒親の支配下にいるしかなかった子ども時代に「離れられない」という思いがあまりに強く刷り込まれてしまうのです。

そんな方のために、毒親からの脱却のステップを解説したメール講座をご用意しました。

 

 

 

 

 


人気記事

クリックで問い合わせ

メニュー

会社情報

電話番号

所在地

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内7階

JR根岸線/関内駅から徒歩2分
市営地下鉄ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から徒歩3分
駐車場なし
(隣のビルがTimesの駐車場です)


© 2020 神奈川県横浜市 NPO法人 リアルトレジャー All rights reserved.