MENU

トラウマが起こす不都合な現実

トラウマ反応(心身の不調や症状)は、その原因が災害か事件かイジメか、あるいは配偶者からのDV、毒親からの虐待かで変わるものではありません。強い男だから起こらない、経験豊富な年長者だから起こらないということはなく、老若男女問わず、誰にでも起こり得ます。ただ、同じ体験をしたから必ずトラウマ反応が出るとも言えず、誰に起きて、誰に起きないかわかりません。

 

ダメージが癒されるまでトラウマ反応は続き、ときには、日常生活に支障をきたすこともあります。程度の差はあれ、自力での回復は難しく、その道のりは長い戦いとなります

 

どんなことがトラウマになる?

トラウマは、後遺症が残るような心に受けたダメージやその体験を意味します。

戦争、災害、犯罪、事故、レイプ・DV・いじめなどの虐待といった体験によるダメージがトラウマになります。

 

◆トラウマの共通点
・受傷者に落ち度がない
・無力で抵抗できない
・非日常的/非現実的
・理不尽なできごと

 

一つ一つは小さなことでもそれが長期間くり返し行われることでダメージが蓄積されて、トラウマ反応が出る場合もあります。イジメもそうですし、機能不全家族で育った「毒親育ち」「アダルトチルドレン」もそうです。

 

・日常あるいは、一般家庭ではありえない負担を強いられる
・育つ過程で子どもが当たり前に受ける恩恵を得られない

 

無力で弱い立場の子どもが体験する、理不尽な家庭環境で育つことそれ自体がトラウマになります。

 

 

トラウマの身体的な反応

精神的なダメージを受けたことで、身の安全を守るため、交感神経が優勢のまま、緊張状態が続き、リラックスできません。その影響で、筋肉の収縮、ホルモンバランスが乱れる、免疫バランスの崩れることで次のような反応が起こります。

 

・不眠
・食欲不振、吐き気、腹痛、下痢
・排泄の失敗(失禁、夜尿症など)
・アレルギー症状の悪化
・うつ症状(引きこもる、塞ぎこむ、寝こむ)
・アルコールや薬物への依存

 

このほか、めまいメニエール病突発難聴を起こしたり、過呼吸パニック症状のきっかけになったりすることもあります。

 

 

トラウマの心理的な反応

PTSDの典型的な症状といわれる心理的な反応は、次の3つがあります。トラウマとなる体験によって、日常生活でごく当たり前の音や光といった刺激に「ビクっ」身構えたり、恐怖で体が固まってしまうといった、過剰な反応が見られます。外部からの刺激をありのまま受け止めて、変化に合わせた対処をする機能が欠落するために起こります。

 

①再体験

フラッシュバックのことです。

傷ついたときの体験が、自分の意志とは無関係に突然思い出され、相手や環境、できごとそのものへの恐怖や憎しみ、悲しみ、痛み、屈辱、無力感、敗北感などの感情が蘇ります。息苦しさや発汗、手の震えなど、身体的な反応を伴うことも少なくありません。症状とともに覚醒時だけでなく、睡眠中に悪夢にうなされることもあります。

 

生々しい体験がくり返し蘇ってくることで、恐怖や緊張が高まり、またフラッシュバックそのものを恐れるようにもなります。フラッシュバックには、たいてい何らかのきっかけで起こりますが、最初のうちは、それが何かわからないため非常に混乱し、社会生活に不安を感じます。そのため、外出や出社ができなくなり社会的な活動に影を落としかねません。

 

②回避・麻痺

被虐体験で傷つけられた原因や環境など、その体験にまつわる事柄を無意識に避けようとします。たとえば、傷つけられたときの場所、状況、タイミング、人物、イベント、行動、言葉のほか、思い出させるあらゆる物事を忘れたり、「なかったこと」にしようとするのです。あるいは、防衛本能が働いて、そうした事柄から刺激を受けないように、感情や感覚が鈍くなることもあります。

 

お気に入りの習慣やとても好きだったことをやめてしまい、日常の喜びを味わえなくなります。また、対人面でも自然で自由な交流ができなくなって、社会的な孤立を深める場合もあります。DV被害男性の場合は、女性不信や回避依存(人と親密になることを避けるために起こる、コミュニケーション障害)を招くこともあります。

 

③過覚醒

自律神経が興奮・緊張状態から抜けず、いつまでも続いてしまう状態です。傷つけられることがないように過剰な警戒心が働いている状態ともいえるでしょう。まず、DV被害者の場合、家庭でリラックスしてくつろいだり和んだり、安らぐことができません。睡眠も難しく(入眠困難、中途覚醒、不眠)なります。そのため、身体的に非常に疲労します

 

また攻撃されるのではないかと、過敏になって、ささいなことにビクっとしてしまいます。また、緊張状態が続いて、仕事が手につかないなど、集中力は散漫になります。

 

 

 


人気記事

クリックで問い合わせ

メニュー

会社情報

電話番号

所在地

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内7階

JR根岸線/関内駅から徒歩2分
市営地下鉄ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から徒歩3分
駐車場なし
(隣のビルがTimesの駐車場です)


© 2020 神奈川県横浜市 NPO法人 リアルトレジャー All rights reserved.