MENU

【免疫力を高める】コロナウイルスと戦うためには必要な5つの方法

 

 

新型コロナウイルス感染への不安だけでなく、コロナの影響でマスクや衛生用品の品不足、学校閉鎖やイベント中止に、株価の下落と暗澹たる気持ちにさせられることが続きます。


こんなときは、どうしたって、気分が沈みがちになってしまいますね。


また、東日本大震災のときと同様、連日の報道に晒されて、不安感や恐怖を募らせる方も少なくないでしょう。

残念ながら、特効薬はまだありません。公衆衛生の専門家も「新型コロナは『自分の免疫力で治すしかない』」と言っています。

免疫力向上には、食事と適度な運動がカギですが、実は脳と心で、免疫力を高める方法もあるのです!

 

どうしても不安が消えないとき初めてのご利用は5000円でトライアルカウンセリング

 

 

免疫力を高める方法(1)笑う


「笑う門には福来る」の真意、それは、この順番です。
まず、笑います。そのあとに、いいことが起こります。だから、免疫力を高めるにも、まず最初に笑いましょう。

 

笑いががん患者やリウマチ患者の痛み・症状の緩和すること、がん細胞やウイルスに立ち向かうNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増加・活性化させることは1980年代から知られていて、数多くの研究データもあります。

 

笑いとNK細胞の関係は、こうです。
まず笑うことで大脳基底核が刺激されます。そして、「幸せホルモン」としておなじみの神経伝達物質、ドーパミンが放出されます。たぶん、エンドルフィンとかセロトニンも出ているでしょう。これら幸せホルモンによってNK細胞が活性化されるのです。

 

また、感染症への免疫力としては、免疫グロブリンA(IgA)の働きが欠かせません。喉の表面、腸管、気管支といった粘膜の表面に存在し、侵入してきた病原菌やウイルスなどの侵入を防ぎます。まさにウイルス感染の最前線で活躍する免疫細胞です。
笑いはIgAを増加させるというデータがあります。コメディアンのお笑い映像を見たときと、教訓的な映像を見たときの、唾液中のIgA濃度を比較したところ、教訓的な映像では変化がなかったのに対して、お笑い映像では有意な増加がみられました。

 

 

免疫力を高める方法(2)大声で笑う

 

ほほえむだけでも効果はありますが、免疫力をがっと高めたいなら、ガハハと大笑いするほうがいいということです。

 

2000年に行われた笑いと免疫力に関する調査では、笑いのレベルによって免疫力の向上の度合いが変化することがわかっています。落語を見るという笑いの体験によって、全体の67%にNK細胞の活性化が見られましたが、「腹を抱えて思い切り笑った」グループは85%が活性化。笑いのレベルが高いとNK 細胞活性の上昇も高くなることがわかりました。

 

この理由について「健康かながわ2006年4月号」の記事をご紹介します。
≪声を上げてよく笑っているときは、脳の前頭葉が活発に働いている。一種の興奮状態になっていて、脳幹を刺激し、ペプチドをたくさん分泌させ、NK細胞に降り注ぐようになる。ペプチドで活性化したNK細胞は、血液中から肝臓や腎臓、胃など、がんが発生しやすい内臓に向かって行動を開始する。これががん抑制につながる、という仮説が一般化しつつある。
また、ガハハと大声で笑うと肺の換気能力が高まり、遺伝子を傷つけ、がん発生に関係しているといわれる活性酸素を体内から減少させる。≫

 

 

免疫力を高める方法(3)音楽を聴く

 

物音や話し声ではなく、音楽を聴くことによって免疫力が向上するというデータがあります。
ウイルスに対して最前線で働く免疫グロブリンA(IgA)のレベルに、音楽がどのように影響するかという研究があります。「クリック音」「ラジオ放送」「心地よい音楽」「サイレント」の4つの条件下で30分間過ごしたあとの、唾液中IgA濃度を測定。IgA濃度の上昇がもっとも認められたのは「心地よい音楽」を視聴したグループで、検査の前後で他のグループを凌駕する変化が見られました。

 

音楽を「薬」として用いる可能性についての研究調査もあります。


スローテンポのモーツァルトのピアノソナタを重篤な患者に聴かせることで、全身のストレスホルモン濃度が低下し、血圧と心拍数が下がり、それに反して成長ホルモンは上昇。重篤な患者を鎮静レベルに到達させるのに必要な鎮静剤の量を有意に減少させることがわかりました。モーツァルトのピアノソナタのような、ゆったりした旋律の音楽には、免疫系を介した視床下部-下垂体軸と副腎髄質との相互作用による鎮静効果が生み出されると考えられます。

 

音楽には副作用がありません。不安が高まったときの免疫力を高め、心を安定させてくれるいい方法といえるでしょう。

 

 

免疫力を高める方法(4)楽観主義になる

 

楽観的な考え方をする人は、悲観的な考え方をする人に比べて、心理的なストレスに強いだけでなく、心理的なストレスに晒されたときの免疫力は維持され、高まるという研究結果が発表されています。

 

楽観的になるというワークはありますが、ここで紹介するには長すぎます。
手っ取り早く楽観的になる方法として、口癖にすると楽観的になれそうなフレーズをご紹介します。日本人は悲観的な方が多いので、沖縄と海外での言い回しを選んでみました。

 

なんくるないさー(なんとかなるさ/沖縄)
メイウェンティー(なんとなかるさ/没問題/中国語)
モウマンタイ(なんとなかるさ/没問題/広東語)
ケンチャナヨ(大丈夫/ハングル)
マイ ペン ライ(大丈夫/タイ語)
チャレーガー(なんとかなるさ/ヒンディー語)
What will be, will be(なるようになる/英語)
Que Sera, Sera(なるようになるさ/スペイン語)
C’est la vie !(人生なんてこんなもの/フランス語)
ニチェヴォー(たいしたことじゃない/ロシア語)
Tomorrow is another day(明日は明日の風が吹く)
 映画「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラのラストシーンのセリフ/意訳
Aal Izz Well / アール・イズ・ウェル(うまーくいーく)
 インド映画「きっと、うまくいく」のランチョーの口癖

 

 

免疫力を高める方法(5)たっぷり眠る

 

睡眠不足は、コロナウイルス感染を招く最大のリスクといえそうです。「よく寝る人は風邪をひかない」というデータがあります。

 

153名の男女を対象に、睡眠時間と睡眠の質を2週間調査し、風邪の原因菌となるライノウイルスに晒した結果、
・睡眠時間が7時間未満の人は、8時間以上の人に比べて、風邪を発症する可能性が約3倍高い
・睡眠の質が低い人は、睡眠の質が高い人に比べて、風邪を発症する可能性が5倍以上高い

 

睡眠の質はなかなか測れませんが、「よく眠れた」という眠りを8時間確保できると、免疫力はアップできそうです。
日本人の平均睡眠時間は男女ともに減少傾向にあります。睡眠の乱れによって睡眠に関わるホルモン「メラトニン」が十分に分泌されないと、体に活性酸素が過剰に増加。活性酸素は、ミトコンドリアやDNAにダメージを与え、細胞レベルで健康被害を起こす万病の元で、免疫力を低下させます。しっかり眠って、病原体と戦う抗体の分泌を高めましょう。

 

どうしても眠れない、というときはこちらの記事もご覧ください。

日曜の夜、眠れないのはあなただけじゃない!週明けをゴキゲンにする睡眠術

 

 

まとめ


「大笑いして、明日のことを気にせずに、いい音楽を聴きながら、よーく眠る」
健康のためにゴキゲンでいること、楽しく暮らすこと。コロナウイルスとは無関係に幸せへの近道になりそうです。

抗菌作用の高いアロマ、ティートゥリーとユーカリの香りも安心とゴキゲンを運んでくれそうです。

 

ただ、どうしても強い不安感から心がモヤモヤした状態が続く場合は、ストレスや不安で免疫力が低下する前に心理カウンセリングを試すのも有効な手段になります。

初めてのご利用は5000円でトライアルカウンセリング 電話・ビデオ会議(Zoom)での遠隔カウンセリングもご利用いただけます。お問い合わせください。

 

世界中のみんな、フォースと共にあれ!

 

▼おすすめ記事⇒ 眠れない夜のおすすめ音浴12チャンネル


人気記事

クリックで問い合わせ

メニュー

会社情報

電話番号

所在地

〒231-0048
神奈川県横浜市中区蓬莱町2-4-3 CIMA関内7階

JR根岸線/関内駅から徒歩2分
市営地下鉄ブルーライン
伊勢佐木長者町駅から徒歩3分
駐車場なし
(隣のビルがTimesの駐車場です)


© 2020 神奈川県横浜市 NPO法人 リアルトレジャー All rights reserved.